Mediall(メディアール)

オンリーワン・ナンバーワンをキュレーションする地方創生メディア

建物  |    2023.12.02

巨大な砂絵が金運スポット?銭形展望台について紹介|香川県観音寺市

香川県の金運スポット、銭形砂絵。
東西122m、南北90mもある砂絵を見るために、銭形展望台へ行ってきました。
巨大な砂絵はもちろん、景色の良さに思わずうっとり。

「今度香川へ行った際に立ち寄ろうかな?」と思っている方に向けて、銭形展望台の魅力やアクセス方法を紹介します。
駐車場に関する情報も記載しているので、車を利用する方はぜひ参考にしてみてください。

銭形砂絵とは

銭形砂絵

銭形砂絵とは、江戸時代の通貨「寛永通宝」が描かれた砂絵のこと。
有明海の白砂で描かれた砂絵の大きさは、なんと東西122m、南北90m、周囲345mとビッグサイズです。

銭形砂絵の中は立ち入り禁止ですが、春と秋に行われる「砂ざらえ」の時だけ、深さ2m以上の砂絵に入ることが可能。
「この砂絵を見れば健康で長生きし、お金に不自由しない」と伝えられているので、金運スポットとしても親しまれています。

銭形展望台はこじんまりとした場所

銭形展望台 階段①
銭形展望台 階段②

駐車場からすぐそばに階段が。
平日の14:30頃でしたが、5~10名ほどの方がいらっしゃいました。

銭形展望台①
銭形展望台②

階段を上がると、こじんまりとしたスペースが広がっていました。
景色を見た人とこれから見る人が1つのスペースに集まっていたので、わりと入れ替わりが激しい印象です。

銭形砂絵にまつわるガイダンスが常に流れているため、説明を聞きながら景色を楽しめます。

銭形展望台 夕日の時刻表

夕日の時刻表が展望台に貼ってありました。

銭形砂絵は、毎日日没から22時までライトアップしています。
グリーンにライトアップされた銭形砂絵を楽しむのも素敵ですが、期間限定で色が変わることも。

参考:銭形砂絵 「寛永通宝」(琴弾公園)

銭形砂絵

展望台から見た銭形砂絵は、思った以上に大きくて美しかったです。
海と砂、公園の木々を楽しめる風景にくぎ付けでした。

銭形砂絵 遠くの眺め

遠くを眺めると、いろんな建物も見渡せました。
気持ちの良い風を感じることができて大満足。
普段室内にいる私からすると、リフレッシュできるひとときでした。

銭形展望台 琴弾公園周辺 観光案内図

銭形展望台には、琴弾公園周辺の観光案内図も設置されていました。
展望台は「象ヶ鼻岩銭形展望台」と記されています。

銭形展望台 石碑①
銭形展望台 石碑②

石碑をぼんやり読みながら景色を眺めると、穏やかな気持ちになります。

銭形展望台 岩①
銭形展望台 岩②

ごつごつした岩が多いのも印象的でした。
ゆっくりしている方はいなかったですが、時間に余裕があればのんびりできそうです。

銭形展望台 銭形砂絵

巨大な砂絵を見る機会はなかなかないので、香川県へ行った際はぜひ立ち寄ってみてください。

銭形展望台へのアクセス方法

銭形展望台 駐車場 看板

銭形展望台へは、以下の方法でアクセスできます。
・徒歩
・車

銭形展望台へ徒歩で行く方法

銭形展望台へ行く場合は、琴弾公園内遊歩道から徒歩で行けます。(片道約15分)
また、琴弾八幡宮からは石段を上がり、境内を抜けて銭形展望台へ行くことも可能です。
琴弾公園をぶらぶらするなら、銭形砂絵を見るのもお忘れなく。

参考:観音寺市 名勝 琴弾公園

銭形展望台へ車で行く方法

銭形展望台へ車で行くには、琴弾公園内ドライブウェイを通行する必要があります。(一方通行)

琴弾公園内ドライブウェイを通行する際は、以下の点にご注意ください。
・車高3m、車幅2m10cm以内までなら通行できる
・時期によっては通行規制がかかっている

参考:観音寺市 琴弾公園のドライブウェイの通行規制について

観音寺市のホームページをチェックすれば、通行規制がかかっているかどうか分かります。
また、銭形展望台近くの駐車場は、2か所ありました。

銭形展望台 第2駐車場

まず発見したのが、第2駐車場です。

銭形展望台 第2駐車場 車椅子用駐車スペース

3台のうち、2台が車椅子用駐車スペースでした。

銭形展望台 山上駐車場看板

もう一つが山上駐車場です。
「70m先」と看板が出ていました。

銭形展望台 第1駐車場

到着すると、第1駐車場と書かれている看板を発見。

銭形展望台 第1駐車場 お手洗い

看板の隣にはお手洗いがあります。

銭形展望台 第1駐車場エリア

10台ほど駐車できるスペースがありました。(1台は車椅子用駐車スペース)

まとめ

今回は、香川県観音寺市にある銭形展望台を紹介しました。
こじんまりとした展望台から見た銭形砂絵は、思った以上に大きかったです。

滞在時間は短かったですが、自然豊かな場所だったため、非常に心地の良い時間を過ごせました。
香川を訪れた際は、ぜひご自身の目で銭形砂絵をご覧ください。

場所の詳細

名前:銭形展望台
住所:〒768-0062 香川県観音寺市八幡町1丁目1-1
銭形展望台の入場料:無料
TEL:0875-23-3933
銭形砂絵「寛永通宝」(琴弾公園)のURL:https://www.city.kanonji.kagawa.jp/soshiki/21/333.html

記事をシェアする

この記事を書いた人

香川あかね

兵庫在住のWebライター|地方移住に興味を持って夫婦で引っ越し|ビルだらけの町から山や田んぼが多い町へ|もともとは大阪生まれ大阪育ち|よく訪れる場所は京都という関西大好き主婦|アクティブそうに見えて実はインドア派|買い物時のサイクリングが至福のひととき|頻繁に外出しないからこそお出かけした時の興奮が止まらないタイプ|地元の人しか知らないような場所に興味津々|都会も田舎もそれぞれの魅力があって好き|地域ならではの良さを記事にして発信します!

関連記事