Mediall(メディアール)

オンリーワン・ナンバーワンをキュレーションする地方創生メディア

建物  |    2024.01.11

大人もトキメキがとまらない!古絵本の専門店「STAR BOOKS」|神奈川県川崎市

今回紹介するのは、神奈川県川崎市、東急東横線新丸子駅から徒歩5分の住宅街に佇む古絵本の専門店「STAR BOOKS(スターブックス)」さん。

(散歩の途中で発見したときは、古絵本の専門店という響きに胸がときめいてしまった…!)

個性的でかわいらしい絵本が勢揃い

スライドドアを開けて店内に足を踏み入れると、四方八方に個性的な絵本がずらりと並んでいる。

まず目に入るのは、子どもでも手が届きやすい高さのテーブルの上に置かれているクリスマスに関する絵本たち。

「サンタクロースがよっぱらう、だと…!?」と心を掴まれている自分が…。

取材が12月だったことからクリスマスにちなんだ絵本が多く置かれていたが、イベントに合わせて定期的に編成を変えるそうだ。

周りには小さなイスが置かれているため、親子で座ってその場で読み聞かせをすることもできる。

左右には、日本人作家コーナーと海外作家コーナーが設けられている。

インパクトのあるタイトルから内容を想像したり、繊細な絵に目を奪われてしまったり、はたまた、自分が小さいときに読んだことがある本を見つけて懐かしんだり。

表紙を眺めるだけでもさまざまな思いや感情が浮かんでくるので、子どものみならず大人でも楽しめる空間だ。

完全未経験から転向した理由は “絵本をもっと気軽に楽しんでもらいたい” 

温かみがあって素敵なSTAR BOOKSさん。しかし、店主の長井賢二さんは、以前はIT系の会社や洋服屋に勤め、本屋を開こうと思ったことはなかったという。

店主の長井賢二さん

そんな長井さんに創業のきっかけを伺うと、物腰柔らかに答えてくれた。

「私の息子が2歳くらいから絵本が大好きになり、毎日本屋さんの絵本コーナーに行っては絵本を欲しがったんです。ですが、絵本は1冊1,000円以上するものが多いので、毎日は買ってあげられない。『もっと気軽に絵本を楽しめるお店があったらいいな』という構想のもと、妻と相談しながら一から手探りで実現させました。絵本が好きなお子様はたくさんいると思うので、当店で気軽に絵本を楽しんでもらえたら嬉しいです」

店内の絵本には、大手の古本屋から仕入れるもの以外に、一般のお客様から引き取ったものも含まれている。引き取りでは、絵本3冊で500円分の古絵本引換券を、5冊で1,000円分の古絵本引換券を渡しているとのこと。

読まなくなった本を引換券と交換できるのは、お子様にとっても親御様にとってもうれしいシステムだろう。

実際、取材中に保育園児のお子様とそのお母様が来店したのだが、複数の本を持参し引換券に交換、そして引換券を片手に次の本はどれにしようかと楽しげに絵本を選んでいたのだ。

懐かしのラインナップも!

選書のこだわりを尋ねると「小さいお子様から大人まで幅広く楽しめる絵本を仕入れること。あとは、中古だとシールが貼ってあったり、名前が書いてあったりすることがありますが、なるべく状態が良い絵本を提供できるように意識しています」と長井さん。

続けて「大人が読んでも心が少し動くような本をたくさん揃えていますよ。中でも『すてきな三にんぐみ』『おまえうまそうだな』『おほしさまかいて!』はおすすめです。おすすめするとすぐに売れて、店頭からなくなってしまうんですけどね」と表情を緩めた。

多くの子どもに絵本を届けるべく、イベント出展や読み聞かせの会を計画中

読み聞かせスペースにお母様が腰を掛けて、お子様に絵本の読み聞かせをしている姿を見ると心が和むという長井さん。「仕事をしている中で一番良い時間だなって。耳心地が良いんですよね」と話す。

今後の展望を伺うと「今は販路が店舗だけなのですが、今後はお子様が集まる施設に当店の絵本を置かせていただき、定期的に入れ替えを行う形態にもチャレンジしたいですし、いろんなイベントに出展したいですね。あとは、読み聞かせの会を企画できたらなと思っています」と多くの可能性を覗かせた。

さらに、デジタル化が進みさまざまなコンテンツに簡単に触れられる現代において、紙の本を手に取る価値をこう話してくれた。

「デジタルの時代ですが、本を1ページ1ページめくって読むことが大切なのかなと。物を大事にすることを覚えられるし、直接触るからこそ感じられることもあると思っています。それから、気に入ったページを繰り返し読めるのも醍醐味ですよね」

外にはセール品も!
オリジナルトートバックも販売中

小さなお子様とその親御様はもちろん、文字を読みづらくなったご年配の方が絵をメインに楽しめる本を求めて来店されることもあるというSTAR BOOKSさん。

絵本は小学生低学年くらいまでの子ども用という印象があるかもしれない。しかし、大人が読んでも子どもの頃とは違った視点で楽しめたり、忙しいと忘れてしまいがちな冒険心や遊び心を思い出したり。絵本にはたくさんの魅力が詰まっている。

みなさまもSTAR BOOKSを訪れて、心惹かれる絵本を手に取ってみては?

STAR BOOKS(スターブックス)

記事をシェアする

この記事を書いた人

kotton

こんにちは!ライターのkottonです。 年間300軒ほど外食するグルメ好きで、”おいしい幸せ”を享受するべく、週末に出かけるごはん屋さんのリサーチに日々奔走しています!みなさんがおすすめするおいしいごはん屋さんを教えてください! その他の興味関心は、社会学・文化人類学・哲学にまつわるすべて!人間の思考に興味があり、人の話を聞くのが大好きです。また映画や読書も嗜みます。

関連記事