Mediall(メディアール)

オンリーワン・ナンバーワンをキュレーションする地方創生メディア

建物  |    2024.02.14

東京ドーム約11個分!松戸市 21世紀の森と広場(光と風の広場・周辺の施設編)

こんにちは、くまです。

今回の記事では、僕が一番好きな公園を紹介します。

紹介するのは、千葉県松戸市の21世紀の森と広場

21世紀の森と広場は「千駄堀の自然を守り育てる」ことをコンセプトにした自然が豊富な広い公園です。

魅力がつまった公園ですが、まずは光と風の広場と周辺の施設について紹介します。

東京ドーム約11個分の広さ

21世紀の森と広場の広さはなんと東京ドーム11個分

光と風の広場、みどりの里、木もれ陽の森、つどいの広場、生命の森、里の茶屋、ふれあいの水辺、自然生態園、四季の山野辺などにわかれています。

ピクニックや遊具を楽しめる光と風の広場だけでも、東京ドーム1つ分くらいの広さです。

中央口からの風景

中央入り口の階段を下りると森林の真ん中を進んでいきます。

この道、左右を背の高い木に囲まれていてこの公園で好きな場所の1つです。

一度は立ち止まって周りを見渡してしまいます。

撮影は冬ですが、夏でも過ごしやすいのが嬉しいな。

光と風の広場

中央口からの道をまっすぐ進むとまず見えてくるのが、ちょっとした売店(この時は空いておらず自動販売機だけでした)とお手洗い。

そして、売店やお手洗いの向こうに見えるのがかなり広い広場。

週末にもなると、バトミントンやフリスビーなどを楽しんでいるご家族をよく見ます。

これだけ広いと凧揚げをしたくなるな。

また、広場をぐるっと囲むように小川が流れています。

この小川がかなり好きで癒されるために散歩に来ることも。

夏になると、水遊びをするお子さんの姿も見られます。

小川を挟んで、広場と子供たちが楽しめる遊具が集まっているスポットがあります。

家族みんなで一日中楽しむことができる場所です。

あそびのすみか

光と風の広場から見て小川の反対側にあるのが、遊具が揃っている「あそびのすみか」です。

21世紀の森と広場で一番にぎやかな場所だと思います。

楽しい雰囲気が伝わってきて僕も嬉しい気分になれます。

やっぱり公園には子供たちの元気な声がぴったりですね。

子供たちが楽しめそうな遊具が揃っていて、なんとなく秘密基地のようですね。

「あそびのすみか」といったネーミングに納得です。

このアスレチックはいつみても楽しそうだなと思います。

冒険しているような気分になれそうですね。

大人になってもわくわくしますよ。

この高いところから降りてくる長いローラー滑り台も本当に楽しそう。

結構本格的でびっくりしました。

最後はぐるっと回っていますね。

このローラー滑り台周辺は週末になると公園でもっともにぎやかな場所になります。

公園周辺の施設

公園の周辺には、次のような施設があります。

  • ・千葉県立図書館
  • ・森のホール21
  • ・松戸市立博物館

千葉県立図書館

21世紀の森と広場に隣接した場所に千葉県立西部図書館があります。

公園でゆったりしたあと、図書館で本を読むといった落ち着いた休日を過ごすのが好きです。

県立図書館は東部と中央の3ヵ所ありますが、それぞれ特徴が異なります。

東部図書館は歴史や文学、中央図書館は千葉県に関連する資料が揃っているのに対して、西部図書館は技術系の本がメインです。

公式X(旧Twitter)では、おすすめの本が紹介されています。

住所 千葉県松戸市千駄堀657-7

電話番号 047-385-4133

公式HP 千葉県立西部図書館

森のホール21

森のホール21では音楽イベントや演劇イベントなどが開催されています。特に大ホールは1,955名収容可能で高い音響性能が特徴。

不定期ではありますがエントランスでストリートピアノを開催しています。

住所 千葉県松戸市千駄堀646番地の4
森のホール21(松戸市文化会館)

電話番号 047-384-5050

公式HP 森のホール21

松戸市立博物館

21世紀の森と広場から道路を挟んで反対側に松戸市立博物館があります。

僕が好きなのは松戸の歴史を紹介してくれている常設展です。

なんと、石器時代や江戸時代などの松戸がどんな様子だったかを知れます。

ほかにも土鈴や勾玉づくり、裂き織りなど定期的に催し物が開催されています。

なんと公園の中央入り口を入るとすぐに博物館につながる「森のプロローグ」とよばれる通路が登場。

トンネルをくぐって行くなんて冒険心があって好きです。

ここに来た時点で公園に直接行くかまず博物館に行くか迷います。

住所 千葉県松戸市千駄堀671

電話番号 047-384-8181

開館時間 9時30分~17時

公式HP 松戸市立博物館

まとめ

21世紀の森と広場は「千駄堀の自然を守り育てる」がコンセプトであり、自然と触れ合うのにぴったり。

遊具が揃っていたり、周辺には図書館や音楽ホール、博物館があったりなど一日楽しめます。

この記事で紹介したのはまだ一部なので、次の記事でほかの部分について触れていきます。

21世紀の森と広場

住所 千葉県松戸市千駄堀269

開園時間 9時~17時 (季節により異なります)

料金 無料 (バーベキュー利用や駐車場は有料)

アクセス JR新八柱駅、新京成電鉄八柱駅から徒歩15分

駐車場 1300台 

電話番号 047-345-8900

公式HP 21世紀の森と広場

記事をシェアする

この記事を書いた人

くま

個人事業主としてWebライター、デザイナー、翻訳、司会業などをして5年目になります。 いろいろな地域で出会った風景、グルメ、そのほか文化に関連することなどを紹介していきます。 メインは千葉県ですが、仕事やプライベートでよく行く場所のおすすめも発信していきますね。

関連記事