Mediall(メディアール)

オンリーワン・ナンバーワンをキュレーションする地方創生メディア

建物  |    2024.03.14

広大な芝生広場で犬と遊ぼう♪自然豊富な根岸森林公園

季節外れの暖かさとなった2月の終わり、横浜は中区、山手に程近い、根岸森林公園へ行ってきました。ここは普段から犬の散歩も兼ねて、年に数回訪れる場所です。
森林公園という名の通り、カエデやケヤキ、イチョウなど多様な樹木が息づく緑豊かな樹林地や、
カモなどの野鳥が訪れるスイレン池もあり、気軽に自然と親しむことが出来ます。

公園の駐車場からカフェ&売店を横目に階段を下ると、見渡す限り一面の芝生広場が待っています。
その昔(1906年)、関東で最古のゴルフ場だったこともあり、起伏のあるゴルフコースのようでもあります。冬の間は芝生が枯れていますが、フカフカしていて、歩くと気持ちが良いものです。

広場に到着するや否や、愛犬たちがじゃれ合い始めました。
開放的な風景を前に、犬も自然と遊びたくなってしまうようです。

少し歩くとスイレン池がありますが(この日は池の掃除中で水が抜かれていました)
池の手前に妖精のような、奇妙な形の茶色いものが地面から突き出していました。

調べたところ、近くに生えている「ラクウショウ」という樹木の呼吸根らしいです。
辺りには、ラクウショウの実が沢山落ちていて、高級なヒノキのような良い香りが漂っていました。

ラクウショウとは

裸子植物マツ鋼のヒノキ科ヌマスギ属に分類される落葉針葉樹の一種。
米国南東部に分布。湿地に生育し、周囲の地面から呼吸根が隆起します。
葉が2列についた枝を鳥の羽根に見立て、これが秋に落ちるため、
「ラクウショウ(落羽松)」の名がついたそうです。
ラクウショウは高木で、大きなものは高さ45m、幹の直径は4mにもなるそうで、
しかも長命であり、樹齢2624年のものが報告されているというので驚きです。

付近を散歩していると、濃いピンク色のツバキの花が咲き誇っていました。すっかり春の装いです。
この木は、背の高さを優に超えていて迫力がありました。

ツバキとは・・・

ツバキ科ツバキ属の常緑樹で、日本原産。低木から小高木で、普通は高さ5~10m前後になり、
高いものでは樹高15mにもなるそうです。花期は冬から春(2~4月)で、散るときは花弁と雄しべが一緒に落下します。(因みにサザンカは花弁がバラバラになって、それぞれ散っていきます)

ちょうど今の時期(2月半ば~3月)は、梅林の梅の花が見頃を迎えています。
品種が大変豊富で300本近くもあるので、大変見応えがあります。

白色、桃色、紅色、移り白(桃色から白へ変わる)、絞り(白地に桃色が混ざる)、紅白咲き分け(白色と紅色の花が咲く)、一重、八重、小輪、大輪など、色や形もバラエティに富んでいます。

ウメとは

バラ科サクラ属の落葉広葉樹。中国中部原産。小高木から高木で古くから栽培され、
野生化もしています。多数の園芸品種があり、500種以上とも言われています。
大きく野梅系・緋梅系・豊後系と分かれています。

梅林を散策すると、甘く芳しい香りに包まれて幸せな気持ちになります。
ベンチに座って、のんびりお花見するのも良いですね。

レストハウス(カフェ&売店)の近くには、スイセンも咲いていました。
スイセンも、凛として爽やかな良い香りがします。

スイセンとは

ヒガンバナ科の属の一つ。原産地は主にスペイン、ポルトガルを中心に、北アフリカまでの地中海沿岸地域、アジア中部まで広がり、原種は30種ほど知られている。また、園芸用に品種改良されたものが広く栽培されている(ニホンズイセンやラッパズイセンなど)。多年草で、冬から春(12月~5月頃)にかけて白や黄の花を咲かせるものが多い。草丈は15~50cm程度で、全草が有毒の植物。

少し足を延ばせば、横浜の街並みが見渡せる「見晴らし台」があり、
空気の澄んでいる日には、遠くに富士山や丹沢の山々も望めます(画像中央の白い部分が富士山)。

根岸森林公園は、横浜有数の桜の名所で、春には桜山の美しい光景に圧倒されます。
今後、お花見の場所の候補に入れてみてはいかがでしょうか。

根岸森林公園 アクセス

●お車をご利用の場合:
「根岸不動下」の信号から横浜駅根岸道路(横浜市主要地方道80号)へ進み約850m
※有料駐車場が2ケ所にあります。

●電車をご利用の場合:
JR京浜東北・根岸線「根岸」駅または「山手」駅下車 徒歩約15分

●バスをご利用の場合:
JR京浜東北・根岸線「根岸」駅または「桜木町」駅から、市営バス21系統「旭台」「滝の上」下車すぐ
市営地下鉄・JR・京急・相鉄・東急「横浜」駅から、市営バス103系統「旭台」「滝の上」下車すぐ

記事の引用元名:

根岸森林公園 公式サイト
関東で最古のゴルフ場 Gridge 
Wikipedia ラクウショウ ツバキ ウメ スイセン

記事をシェアする

この記事を書いた人

Polly

生まれも育ちも横浜、動植物好きなライターです。自宅で犬を飼っているので、散歩におすすめな公園や犬も入れるスポットを中心に、個人的に興味のあるお店や風景など、主に地元横浜の情報を記事にしていきます。 麦夏緒というペンネームで詩人としても活動し、毎年秋に展示会も開催!時々、ブログで写真と詩を投稿しています。

関連記事