Mediall(メディアール)

オンリーワン・ナンバーワンをキュレーションする地方創生メディア

建物  |    2024.02.21

交通ルールが身につく「北沼公園」月面歩行や恐竜も!?|東京都葛飾区

今週末はどこで何をして遊ぼうか?子どもがいると公園に行くことも自然と多くなりますね。

今日は東京都葛飾区にある、ちょっと変わった公園をご紹介します。

ここ「北沼公園」は交通公園として運営され、信号機や横断歩道もある本物さながらの道路で自転車やゴーカートを運転することができます。

それだけでなく、なんと月面歩行体験もできちゃいます。そして、公園のどこかで大きな恐竜がひっそりと子どもたちを見守ります。

ちょっとどういうことか分からない?そうですよね、詳しくご紹介します。

自転車やゴーカートなどの乗り物が貸し出し無料

自転車やゴーカート、小さい子向けの三輪車、豆自動車などの乗り物を無料で借りることができます。

乗り物を借りたら、公園内に張り巡らされた乗り物専用の道路を走ります。本物さながらの横断歩道や信号機を見ながら運転することで、自然と交通ルールも身に付きそうです。

自転車は補助輪付きのものもあるので、まだ自転車練習中のお子さんもここで練習することができます。公園内なので車が来る心配もなく、のびのびと練習できますよ。

三輪車や豆自動車は専用の広場で運転します。こちらは小さい子向けの遊び場となっており、自転車とぶつかることもなく安心して遊ばせることができます。

係の方が周囲を見渡し、子どもたちが安全に楽しめるよう配慮してくださっています。子どもたちは好きな乗り物に乗って思う存分ブイブイいわせることができますよ。

子どもたちに大人気!ムーンウォーカ―で月面歩行を体験

公園の中央には月面歩行を体験できる施設があります。

巨大なブランコのような乗り物に乗って地面を歩くとふわっと浮き上がり、まるで月面を歩いているかのような感覚を体感できます。

対象は、身長100cm~130cm、体重20kg~40kgと設定されています。
100cmを少し超えたばかりの我が子は、乗り物に乗ってただただ揺られるだけでした。しかし、宇宙っぽさのある空間の中でふわふわと揺られるのが楽しかったようで、繰り返し何度もトライしていました。

なお、こちらも無料です。月面歩行体験ができるのは土日祝日のみで、平日は開放されていません。
(※春休み・夏休み期間中は平日の営業もあり。詳細は下部に記載しております)

様々な遊具やお砂場でも遊べる

滑り台やジャングルジム、トンネルなどがつながった大きな複合遊具もあります。そのほか、小さなお子さんも滑れるローラー滑り台もあります。

歩き始めたばかりのお子さんが楽しめる赤ちゃん向けの遊具やお砂場もあり、赤ちゃんから小学校中学年くらいまでのお子さんの姿をよく見かけます。

公園奥でひっそり見守る恐竜たち

公園の奥には・・・

なんと恐竜がいます!

トリケラトプスと

ティラノサウルス。

2体ともなかなかの迫力です。
こちらの恐竜は遊具ではなくオブジェとして鑑賞するのみですが、とても存在感があります。公園に行ったらどこに恐竜がいるのか探してみてください。

まとめ

月面歩行体験で新感覚を味わったり、ゴーカートや自転車を楽しんだり。公園内を散策して恐竜を探してみたり、遊具やお砂場で遊んだり。ひとつの空間の中で様々な楽しみ方ができる北沼公園。次はどれで遊ぼうかな、と飽きることなく遊べそうです。
今日はどこへ遊びに行こうか?と迷った日にはぜひ来てみてください!

施設の情報

北沼公園
開園時間 常時開園
住所   東京都葛飾区奥戸8-17-1
入園料  無料

<交通遊具の貸し出し>
毎日(12/29~1/3を除く)9:00~16:30
<ムーンウォーカ―>
土日祝の10:00~11:30/13:00~16:00
※春休み・夏休み中は平日も営業。春休み・夏休みの営業時間は13:00~16:00のみ。

記事をシェアする

この記事を書いた人

すみきち

島根県松江市出身、東京都葛飾区在住。10年間システムエンジニアとして勤務した後、2023年よりWebライターへ転身。2児の子育て中ママ。好きなものは、美味しいものと服と物語。

関連記事