Mediall(メディアール)

オンリーワン・ナンバーワンをキュレーションする地方創生メディア

建物  |    2023.06.17

地域に愛されるステキな老舗家具屋さん!石川県白山市「町八家具」

石川県からの発信です。今回は、石川県白山市鶴来にある老舗の家具店「町八家具」をご紹介します。知人の紹介で商品を注文させていただくご縁で訪問させていただきました。

町八家具」は金沢駅より車で約40分、にぎやかな観光地から少し離れた白山比咩神社の表参道付近にあります。風情ある町並みにとけこむように立地しており、お店の前に置かれた大きなロッキングチェアが優しい雰囲気。

白山麓は昔から桐の生産がさかんな土地です。「町八家具」は明治末期に桐材を扱う問屋として創業、桐の材質や技法にこだわり、総桐たんすを中心に製造してきました。現在は時代のニーズに合わせて桐や木製の小物、様々な世代に合った木製家具を製造、販売しています。

広さにびっくり!の店内

1F:カジュアルな家具
1F:カジュアルな家具

店内に入ってびっくりしたのは店内の広さ木の香りです。フロア全体に心地よい木の香りが広がり、間口からは想像できないほど広いフロアにびっくり!建物全体が3階建てのショールームになっており、さらに別棟もあります。

各フロアを社長さんに案内していただき順番に見学させていただきました。ディスプレイされている家具も多く、探しているものがあれば必ず見つかりそうな感じがします。

1階:カジュアルな家具、桐小物、木製雑貨
2階:多機能ベッド、ラグジュアリーな大きめ家具
3階:桐たんす、婚礼タンス、ウォークインクローゼットのデザインモデル
別棟:1本木からの家具、座卓、和風家具

家具の種類が多く、日本の家屋は和風から洋風、アパートやビルタイプなど、豊富に揃っています。それぞれの生活空間に合う家具を選べるので、楽しみながら購入できそうです。

また、近年木製の家具をチョイスする人が増えているようで、改めて木のぬくもりや癒し効果が見直されている感じがします。

カジュアルな家具と桐小物

桐小物
桐小物

老舗の家具屋さん」と聞くと「高価」「オーダーメイド」「敷居が高い」といったイメージを持つ人が多いのですが(私もその1人でした)、実際に町八家具さんの店内にディスプレイされている家具のプライスを見ると「え!?そんなに高くないかも」と、驚きました。

特に30代〜40代の家庭向けのカジュアルな家具「OTTO」シリーズは、比較的リーナブルな家具ばかり。テレビボードやソファ、ダイニングセットなどの木のぬくもりと北欧のエッセンスが散りばめられた使いやすいデザインです。コンセプトも「モダン」「ナチュラル」「ヴィンテージ」とそろっているので、ライフスタイルや好みにぴったりな家具が見つけられそうです。

また、フロアの隅には桐を使ったコーナーがありました。まな板、書類ケースや子供用の椅子、ティッシュケースなどが展示されています。

特におすすめはまな板。使っている人に聞くと包丁にも優しく、殺菌効果があるうえに乾きも早いそうです。これは注目です。意外と知られていないかもしれませんね。

日本の伝統の技を受け継ぐ桐のたんす

桐タンス
桐タンス

3階に上がると桐の良い香り。たくさんの総桐たんすが並んでいて、圧倒されます。今でも全国から問い合わせがあり、注文を受けてからオーダーメイドで製造、販売しています。社長さんにお話を伺うと、たんすは注文を受けてから仕上がるまで1ヶ月半から2ヶ月ほどかかるそうです。

見本やカタログをもとに注文を受けて、引き出しの数の増減や金具の変更も可能、ほとんど元の費用内で受けてもらえるそうです。素材そのままの姿で仕上げたり漆塗りにしたり、工程によって見た目の雰囲気が大きく変わるのも、並べられているものを見るとよく分かります。

細かい職人の技が各所に感じられ、素材の良さが感じられる桐のたんすはやはり日本の伝統を感じる工芸品ですね。

一本木使用の家具

1本木のテーブル
1本木のテーブル

別棟では一本木使用の長机やダイニングセット、昭和の懐かしい空気を感じる座卓やちゃぶ台、茶棚なども展示されています。一本木使用の机と聞くと、相当高額なものをイメージしてしまいますが、こちらにあるものは「とても高すぎて買えない!」と思うものばかりではないのが良いところ。

素材も栗、杉など様々で、それぞれの木の良さが感じられるテーブルや長机、椅子などが展示されています。

年輪がつながっている机
年輪がつながっている机

例えば長机、足部分と天板部分が同じ木から作られ、年輪部分がつながっています。つなぎ目は接着剤を使用せず内側で組木により、はめ込み式。外目にはつないでいるところが全くわからない技の逸品です。

町八家具」では一本木を使った家具のオーダーを法人からも受けており、大学の学生が使うリビングに10mもの長いテーブルをおさめています。天板に年輪の筋がうつり、この模様がまた世界に1つだけのデザインを作り出しているのですね。

さらに、セミオーダーも受け付けています。店内の商品は漆塗りの落ち着いたカラーの仕上がりでしたが、同じデザインで、漆塗りではなく木本来の姿のままで仕上げて少し軽い印象に仕上げるなど、様々な希望に積極的に対応されているところもステキでした。

木の香りが心地よい家具屋さんへ

木製の時計
木製の時計

店内はずっと木の香りが漂う癒しの空間でした。天然の木が使われている家具がそろっているからこその空間ですね。木で作られた時計や小物、座り心地のよい1点ものの椅子など、紹介しきれない木の家具、小物たちがいっぱいでした。

また、介護対応になる最新の音声認識ベッドも展示しています。新しい家具から伝統を感じる家具まで店頭販売、オーダー、セミオーダー、修理などあらゆる相談にのってもらえます。

石川県に来たときはぜひ一度立ち寄ってみてください。ステキな家具と運命の出会いがあるかもしれませんよ。

お店の情報

町八家具
石川県白山市鶴来今町タ181
TEL:076-272-0038
FAX:076-273-2151
\インターネットでも注文受け付けています/
https://www.instagram.com/machihachi_kagu/
https://www.machihachikagu.com/
e-mail:info@machihachi.com
営業時間:9:00 ~ 19:00 ( 定休日 : 木曜日 )

記事をシェアする

この記事を書いた人

松永 つむじ

プロライターチーム「TSUMUJI Writing Studio」代表。車好きの女性Webライター&エディター|愛車はスイフトスポーツMT|Lancers 認定ランサー|元予備校講師|フリーランス| 執筆ジャンル:車、旅行、英語、教育、学習、生活、恋愛、家庭など| 女性の自立応援のひとつとして、「ライター」という働き方を紹介し、育成する活動も行っています。

関連記事