Mediall(メディアール)

オンリーワン・ナンバーワンをキュレーションする地方創生メディア

フード  |    2023.12.05

千葉県で八重山そばが食べられるのはここだけ!石垣島と木更津をつなぐ「やえすば」【後編】

木更津ふるさと応援団としてやっさいもっさいなど地域のイベントでMCを務めるイシワタケイタさん。

シンガーソングライターとしてご活躍されているだけでなく、第二の故郷である石垣島の八重山そばを木更津に広めたいと2021年12月に『沖縄八重山そばの店 やえすば』をオープンしました。

【前編】ではこだわりの八重山そばを紹介しましたが、【後編】ではイシワタさんの想いに迫ります。

飲食店の原点は石垣島の「ハモニカ食堂」

やえすばに置かれているイシワタケイタさんのプロフィール

地元木更津で八重山そば専門店を開業したイシワタさんに、その原点をお伺いしました。

イシワタさんは音楽活動を本格的に開始する前の2010年に、移住先の石垣島で定食カフェ「ハモニカ食堂」を営んでいらっしゃいました。

メインメニューは沖縄県産の豚肉や鶏肉を使った定食ですが、島のおばあから教わった八重山そばも提供していたとのこと。

八重山そばは当時の大人気メニューだったそうです。

地元の方だけでなく観光客もたくさん訪れた「ハモニカ食堂」ですが、2年足らずで閉店。

イシワタさんは沖縄本島へ移ります。

シンガーソングライター「イシワタケイタ」の原点

画像提供イシワタケイタさん

沖縄本島ではバーテンダーとして働いていたイシワタさん。

バーで出していたドリンクメニューに「イシワタケイタ」と記載して、オーダーしてくれたら奥からギターを引っ張り出してきて即席ライブを行っていたとのこと。

その後2013年に音楽活動が本格化してからは、シンガーソングライターとして生計を立てられるまでになりました。

コロナ禍で職を失いかけてから一念発起

フードコート内にあるやえすば

音楽活動が波に乗っていた矢先に訪れたコロナ禍

自粛が続く中、予定されていたツアーはすべて中止となってしまいました。

配信でしか音楽を届けられない日々に限界を感じ、都内に住んでいたイシワタさんは生まれ育った木更津に戻ることを決意。

歌以外でできることを考えた結果、大好きな八重山そばを作ることを決めたそうです。

木更津と八重山の架け橋に

やえすばとイシワタケイタさん

石垣島に住んでいた頃、八重山そばに魅了されていたイシワタさん。

「沖縄では当たり前に存在するそば専門店を、地元木更津で広めたい」そんな願いを込めて『沖縄八重山そばの店 やえすば』をオープン。

千葉県唯一の八重山そば専門店として、沖縄から仕入れた材料で作る“本物の味”を提供しています。

現在はコロナによる自粛ムードが終わり、歌を歌う機会が戻ってきたため、お店を閉めてからライブ会場に向かうこともあるとか。

今となってはシンガーソングライターと『やえすば』の店主の二刀流でお忙しい日々を過ごされています。

そんななかでも「なるべくお店に立てるようにしている」とイシワタさん。市内のイベントにも積極的に出店し、木更津市民との交流も深めています。

まとめ

『沖縄八重山そばの店 やえすば』を訪れると、大きな声と満面の笑顔で出迎えてくれるイシワタさん。

素朴ながらも濃厚な八重山そばは、さながらイシワタケイタさんのようだと感じました。

きっと常連のお客さんたちも、そばの味はもちろんイシワタさんの人柄に惹かれて訪れているのではないでしょうか。

イシワタさんは、これからも木更津で『やえすば』を提供しながら二刀流生活を続けていきます。

お店の情報

沖縄八重山そばの店 やえすば
所在地:千葉県木更津市朝日​3−10−19 
    イオンタウン木更津 朝日1F フードコート内
営業時間:10:00〜15:00
定休日:日曜・月曜
駐車場:あり
公式サイト
公式Instagram
公式X

記事をシェアする

この記事を書いた人

endang

小学生2人を育てる【房総生まれ房総育ちのWEBライター】。 ライター名の「endang(えんだん)」とは、大学で専攻していたインドネシア語クラスで名付けられたニックネームです。 国内外問わず旅行やお出かけするのが好きで、風景やおいしいもの、かわいいものの写真を撮るのが好き。 普段は衣食住に関するジャンルや女性向けメディアでの執筆をしていますが、最近は地元の魅力を伝えたいと思い地域情報発信に力を入れています。 知れば知るほど魅力的な木更津市を中心に、君津市・富津市・袖ケ浦市周辺をご紹介します!

関連記事